忍者ブログ

f/1.8

MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

シャングリ・ラ

陸路でバナラシからカトマンズに行くのは地獄である
水曜どうでしょうで有名な深夜バス、東京発地獄行き博多号よりきついと思う
道はガタガタ、エアコンもない、屋根の上にはヤギや人が乗り、窓からはゲロが飛んでくる

チケットは宿代込みで1000ルピーだった
朝、待ち合わせ場所のツーリストバンガロー前に行く
でかいよさそうなバスが数台停まっている
客は僕たち日本人2人と韓国人1人、白人8人の計11人
この人数であのバスに乗れるなら大勝利だ

だがしかし世の中そんなに甘くない
来た車はバスなんかではなかった
しかしインド人はこれをバスと呼んでいる
DSCN0078

この車に運転手を合わせて12人のる
前に3人、真ん中に3人、後ろに6人だ
白人たちのテンションが何故か上がっている
あいつらはいつも楽しそうだ、特にアメリカ人
屋根の上に荷物を積む
乗り切らない
僕とQさんは膝の上に大きい荷物を置くことになった
ありえない・・・
途中の休憩で荷物を足元に置き少しはましになったが体育座り状態である

国境の町スノウリに着く頃には真っ暗になっていた
少しだけ両替をし、イミグレでビザを取り手続きを終えタバコを吸いながらQさんを待つ
だがQさんは一向にイミグレから出てこない
何かのトラブルかと思い見に行くと
「ノー、ノー」と言っている
日本の住所を書く欄への記入を拒否している
どうやらネパールでの宿泊先と勘違いしているようだ
「日本に家はないってどういうことっすか?そこ日本の住所書くんですよw」
「そうなんだ~ネパールで泊まるとこ決まってないのに書けって言われてるんだと思ったわ~」
まあ、そうであっても適当に書くものなんだけどね
ビザの申請や出入国の際は相手の手を煩わせないのが旅の基本なのだ
お気づきの方もいると思う、そう、彼は英語ができない
英語ができないのに「暇だったら一緒にインド行きましょう」
という僕の誘いに軽く乗ってくれたんだから
すごい行動力である、彼のそういうノリのいいところを僕は尊敬している

そして無事ネパールへ入国
宿は国境から歩いて数十秒、シャングリラホテルのドミトリー
この日は飯を食って眠る

DSCN0085
前日は夜で真っ暗だったのでよく見えなかった国境
警備はあまりなく、イミグレも小屋みたいなもので自分で勝手に行く
素通りは簡単にできる

朝、バスを待っていた
だが、一向にバスは来ない
バスはまだかと聞くと、ストライキのため夕方5時まで来ないといわれる
「5時にはくるんだな?」と聞くと「アイ ホープ ソウ」と悲しい声で言わた

白人たちにレストランに行くけど一緒に行かないかと言われるも断る

そして待つこと10時間、バスが来た

バスの中はネパール人だらけ
大音量でインド映画やIポップが流れ
屋根の上にも人やヤギが乗っている

DSCN0090
休憩所でモモを食う
蒸した餃子のようなものだ
DSCN0089

そして悲劇は起こった
モモを食った後、おなかの調子が悪い
暗い夜道をバスは走る
休憩もさっきしたので停まる気配がない
もう限界だ!僕は運転席まで行きトイレに行きたいと言ってバスを停めてもらった
山道でトイレなどあるわけもなく、野グソをした
しかも2回もだ

窓からの風で腹が冷える
次の休憩はチャイ屋が数軒ある
だがトイレがない
また野グソをした

白人が集まって雑談している
彼らが話しかけてきた
「おなか大丈夫?薬もってないの?」
「薬はバックパックのなかなんだよね」
「じゃあ草でも吸って寝てればいいよ」
彼らは堂々と吸っていた
アメリカがネパールに圧力をかけ80年代に禁止させた大麻をネパールでアメリカ人が吸っている
皮肉なもんだな~と思いながらもチャイを飲んで寝る

朝、カトマンズに到着
3日かかった
DSCN0091

DSC_1695

DSC_1694

かつてシャングリラと言われたネパールの都
今は・・・

最初はタメル地区に宿をとったが、ブッキングがあった為、部屋を空けなければならなくなった
なのでジョッチェン地区のほうへ移動
移動してみるとジョッチェンはすごくよかった
アジア人旅行者はタメルのほうが多いがあそこは土産物屋だらけだ
ジョッチェンは白人が多い
ダルバール広場がすぐ近くで現地人はタダ
外国人は本来入場料がかかるのだけど払わなくてよかった
DSC_1710

ネパールは飯がうまい
ハンバーグ定食
DSC_1697

ネパールのビール「カトマンズ」でQさんと乾杯
DSC_1698

ネパールは時の流れがすごくゆっくりしている
夕方、チャイを飲んでいるとネパール人に声をかけられた
数時間お茶をしながら話す
飲みに行こうということになり、ローカルな食堂に行くことになった
DSC_1708

裏路地の怪しげな場所にあるローカルレストランは、たいてい安くてうまい
DSCN0093

こいつがマニッシュ、横のおっぱいのような物はピザを焼く調理器具
DSCN0096

こいつはアなんとか、名前は忘れた、手前の飲み物はレモンフレーバーのホームメイドの酒
アルコール度数70度以上らしい、きつすぎてフレーバーとかわかんねーよwww
DSCN0095

いい感じに酒が入り、話しているとこいつらがまともじゃないのがわかってきた
両親が警察官らしい
なので捕まっても1泊すれば出てこれると言っていた
マニッシュはこの間、大麻を500グラム運んでいて捕まったが1日たてば釈放された
とかいって爆笑している
他にも危ない話をいろいろしてくる

そろそろ帰ろうとすると飲み代を払ってくれようとしていた
さすがに悪いので出すというとえらく安かった

帰り道歩いているとQさんと合流
2件目に行くことになる
DSC_1718

バッファローの脳みそを食べる
DSC_1717

なんかネパール人たちは僕とQさんよりベロベロに酔っている
歩いていると後ろのほうでキャーと叫び声が聞こえた
マニッシュがいない
なんか白人と喧嘩してポリスにキャッチされたらしい
アなんとかはバイクに3人乗りしようとしている
こいつら自由すぎてやばい

マニッシュは言ってたとおり警察で1泊したら出てきたが、彼らとは距離を置くことにした

余談だがネパールのキャバクラはヤバイ、超ヤバイ
何がヤバイかって?ビールが400ネパールルピーなのにラッシーが700ルピーもする
暗い中、これ頼んでもいい?とか言ってくるんだけど
1200ルピーとかしやがる
Qさんがペンライトを持ってなかったら危なかった
無理無理無理無理と言いつつ店を出る

15日のビザしか取らなかったので、そろそろポカラに行きたい
明日はヒンディーの聖地パシュパティナートを観光しよう

拍手

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

× CLOSE

Profile

HN:
ゼリー
性別:
男性
自己紹介:
写真/Nikon/広角レンズ/旅/バックパッカー/東南アジア/インド/タイ/配信/ゲーム/Steam/ネットゲーム/PENTAX645N

My Twitter

Calendar

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Latest article

Latest CM

[06/08 滑らない名無し]
[12/16 滑らない名無し]
[07/28 滑らない名無し]
[06/24 いおり]
[02/16 unou]

Latest TB

Retrieval in blog

Counter

アクセス解析

× CLOSE

Copyright © f/1.8 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]